ビタノートを使う前に、登録や正しい使い方を説明していきます。

検査キットについて

ビタノートを注文すると1回分の検査キットが届きます。間違った使い方をしてしまうと、正しい検査結果ができなくなりますので、ココで登録方法や詳しい使い方の手順を説明していきますね。

 

VitaNoteの検査キットを使う前に公式サイトに登録

VitaNote(ビタノート)を注文すると、検査キットが届きます。届いたら最初に登録を行い、その翌日に検尿してサンプルを郵送していきます。

 

1.ユーザー登録を行う

①ビタノートの公式サイトからユーザー登録を行います。登録はパソコン、スマホからできます。

②受信可能なメールアドレスとパスワードを入力し送信すると、メールアドレスに仮登録のメールが届きますので、メールに書かれているURLをクリックするとユーザー登録が完了します。

③ユーザー登録したら、公式サイトで検査キットに入っている検査IDを入力します。(検査IDは12ケタ、検査キットの外箱、説明書に書かれています)

④次に質問票に答えていきますが、細かい質問があって10分ぐらい時間がかかります。どんな内容の質問をされるのかというと

自分の身長と体重、年齢などの数字

毎日の食事について

普段の生活に関すること(運動、仕事など)

この質問は、個人が必要な1日の栄養摂取量の基準を設定するために必要なデータなので、これがないと数値化されることができません。。

 

2.尿を採取する。

ビタノートから届いたパッケージの中には

・検体を採取する細長いプラスチック管、短いプラスチック管に入った安定剤

・採尿コップ

・検体を入れる黒いビニール袋

・検体を送るために使う返信用封筒

・利用ガイド

の5つが箱に入っています。

間違った使い方をするのを防ぐため、利用ガイドは必ず目を通しておきましょう。
翌日使うので採尿セットはトイレに置いておくいいですよ。

(採尿から郵送までの流れ)

①採尿は必ず朝起きてから、すぐトイレで行ってください。

②四角い白いプラスチックのケースが採尿コップになりますので、それに尿を入れます。

③とった尿を細長い管に尿を移します。その後、短い管に入った安定剤を加えます。安定剤を入れないと検査することができません。

④細長い管は黒いビニール袋に入れから、返信用封筒で24時間以内に郵送します。

※キットが届いた翌日に採尿を行わなくても2,3日以内であればOK。

 

3.検体を入れた返信用封筒を郵送する。

採尿を入れた返信用封筒は、朝一番に投函することをおすすめします。ただし夏の暑い時期は検体に影響が出て検査できない場合もあるので、その時は郵便局の窓口から直接郵送されるか、朝のポストの集荷時間に間に合うように投函して下さい。

 

4.検査結果を公式サイトから確認する。

早いもので1週間、検査項目が多いのは3週間でビタノート公式サイトのマイページから次のことがわかります。

・1日の目標量に対して、自分の1日摂っている栄養量、総合評価

・各栄養量がどれだけ摂れているかグラフになって一目でわかる「栄養バランススコア」

・各栄養素の量

・栄養を過剰摂取した時、不足した時の影響や1日に摂取する量、どうすれば効率よく摂りいれることができるのか?など、それぞれの栄養素ごとに詳しく書かれています。

・その栄養が多く含まれている食品名、目安、目安量、成分量

 

定期的に検査を行っている方には、これまでの変化がグラフでわかるので、食生活を変えて栄養状態が良くなったかどうか?わかるようになってます。

 

いかがでしたでしょうか?VitaNote(ビタノート)を利用するための準備、検尿の仕方から郵送する時の注意点、栄養状態の検査結果が出るまでの流れを紹介しました。

より詳しく栄養状態を知りたい方は時間はかかりますが、15項目の結果がわかるビタノートがおすすめですよ。